虫歯を防ぐために大切な5つの生活習慣

Pocket

近頃では、歯医者に行くと単に虫歯の治療だけでなく、虫歯の予防方法などを詳しく説明してくれるような歯医者も増えています。

とくに虫歯を予防するには、必ず励行すべき重要なポイントがあるといいます。

そこで、ここでは「虫歯を防ぐために大切な5つの生活習慣」と題して、虫歯予防の重要なポイントについてご紹介いたします。

間食はダメ

虫歯になるリスクが高くなる

1日3回食事をしますが、それ以外に間食をする方も多いと思います。実は、食べ物の中に含まれている糖分が虫歯菌のエサになっているのです。

しかも、虫歯菌はを放出します。この酸が、歯を溶かして虫歯にしてしまうのです。

そのため、食事や間食の時間が長ければ長いだけ、虫歯になるリスクが高くなるといえるのです。

間食が多いと歯磨きも無意味

1日3回の食事の後に歯磨きを励行しているとはいっても、間食が多い人は虫歯菌が放出する酸によって、口の中が酸性になっている時間が長くなります。

もちろんそうなると、例え唾液の作用により口の中が中和されてリセットされるとはいっても、唾液の効果が追い付かなくなってしまうのです。

歯ぎしり

歯ぎしりはエナメル質を破壊してしまう

歯ぎしりとは、上下の歯を擦り合わせたりカチカチとぶつけあったりするなどの行為をいいます。

いずれも睡眠中に無意識で行うことがほとんどで、睡眠時ブラキシズムと呼ばれる病気の一種です。

しかも歯ぎしりは、歯のエナメル質を破壊してしまうので、虫歯や知覚過敏症になりやすいといわれています。

歯ぎしり防止用のマウスピース

歯ぎしりをする人というのは、寝ている間に無意識に行ってしまうケースがほとんどなので、自分の意思で改善するというのは中々困難なことです。

従って、そんな方には歯ぎしり防止用のマウスピースがお勧めです。このマウスピースは、歯医者で自分の歯に合わせて作成してもらったり、通販で購入することも可能です。

論外!歯磨きが足りない

虫歯の多い人のほとんどが歯磨き不足

歯の汚れを取ってキレイに見せたり、口臭を予防するために歯磨きをしているという人がいらっしゃるかもしれませんね。

ところが、歯磨きは虫歯を予防する上においてはどうしても必要な行為なのです。

ちなみに近頃では、洗口液がよく売られていますが、そうした洗口液によるうがいだけでは虫歯を予防することは不可能です。

やはり、歯磨きで歯垢をしっかりと取り除くことが大切です。

間違った歯磨き方法もNG

力を入れて歯磨きをしていると、すぐに歯ブラシの毛先が横に開いてしまいます。

そんな歯の磨き方をしていると、歯の表面のエナメル質を傷付けてしまうだけです。

やはり、歯と歯茎の境目や歯と歯の隙間などの要所要所に対して、小刻みなブラッシングをするのが正しい歯磨き方法です。

歯にモノが挟まったまま

虫歯や歯周病の原因は磨き残し

虫歯や歯周病になりやすい原因として、歯と歯の隙間や歯と歯茎の境目などへの磨き残しが挙げられます。

とくに歯と歯の隙間には、野菜の繊維の部分や肉の繊維の部分などが挟まりやすくなります。従って、最低でも3分間程度はしっかりと歯磨きをすることが大切です。

歯ブラシだけでは不十分

例え歯ブラシでしっかりと磨いている人でも、50%程度しか歯の汚れやプラークが落としきれていないといいます。

とくに歯と歯の隙間には、食べ物のカスやプラークが残ったままの状態になっています。

従って、歯磨きをした後、さらにデンタルフロスや歯間ブラシで歯と歯の隙間をキレイに掃除することが大切です。

寝る前の飲食

寝ている間に虫歯が進行しやすい

食べ物に含まれている糖分をエサにしている虫歯菌は、を作り出します。

実はその酸が歯を溶かして虫歯にしてしまう大きな原因になっているといいます。

ただし、唾液がその酸を中和させて歯の再石灰化を助けてくれているのです。

ところが、就寝中は唾液の量が減ってしまうので、どうしても虫歯が進行しやすくなってしまうのです。

寝る前には必ず歯磨きを励行

近頃の歯医者は、どんどんと歯の治療技術が進化しています。

従って、それ程痛みを感じることなく歯の治療を行ってくれます。

ところが、何にも勝る虫歯の治療法は歯磨きを励行することです。

とくに就寝中というのは、唾液などによる虫歯予防の自浄効果が薄れるので、寝る前には飲食を控えたり歯磨きというのは必須事項といえます。

まとめ

虫歯予防のために励行すべき重要なポイントについてご紹介してみました。

今回ご紹介したような点に注意しながら、虫歯予防に努めるときっとその効果が表れてくるに違いありません。

詳しくはこちらの記事もどうぞ→虫歯のメカニズムを知る

Pocket