虫歯のメカニズムを知る

Pocket

近頃では、予防歯科というのが歯医者さんでもよく伺うことがあります。

ところで虫歯を予防するには、虫歯がどうして発生するのかといった虫歯の原因やメカニズムを知ることから始めないといけません。

もちろんそうしたことは、虫歯に限った話ではありません。何にでも当てはまることなのですが、対策をするにはその原因を探ることがまず第一歩といえます。

ここでは、虫歯のメカニズムについて詳しくご紹介いたします。

そもそも「虫歯」とは?

虫歯とは酸によって歯が溶ける病気

人の口の中には、数多くの常在菌が住み着いています。中でもミュータンス菌という細菌は、食べ物に含まれる糖分をエサにしながらを作り出します。その酸によって歯が溶かされてしまう病気を虫歯というのです。

その他にも、プラーク(歯垢)というネバネバした住処を築いてしまうのです。

ただし、プラークは歯磨きやデンタルフロスで取り除くことができます。

その代り、正しい歯磨きができるかどうかも重要なポイントです。

歯は細菌が出す酸が苦手

食後歯ブラシをあまりしないとか、磨き残しなどがあるとプラーク(歯垢)が放置された状態になります。

そうなると、その中に細菌が繁殖するようになりミュータンス菌などが歯を溶かす酸を発生します。

しかも、エナメル質の内部からカルシウムやリンなどの歯の主要成分が溶け出してしまうのです。

従って、歯は細菌が出す酸が苦手なのです。とくに寝る前に間食をしてしまうと、寝ている間は唾液がほとんど出ないので口の中はほぼ酸性の状態です。

そうなると虫歯の進行も早くなります。

虫歯の原因

歯磨きが下手な人

唾液の働きはとても重要で、虫歯菌が出す酸を中和して再石灰化を常にしています。

ところが毎日の歯磨きが下手な人は、歯と歯の隙間や歯と歯茎の境目などに歯垢が残りやすくなります。そうなると、唾液の働きが追い付かないので虫歯になりやすくなります。

また間食の多い人も唾液の働きが追い付かない状態になってしまうので、その分虫歯になりやすいといえます。ちなみに、口の中はPH7に近い弱酸性なのですが、食べ物などでPH5を下回ってしまうと歯のミネラル成分が溶け出すといいます。

歯の質が弱い・唾液の量や力が少ない

歯の質が弱い人は、虫歯菌が出す酸に溶かされやすくなります。

あるいは、唾液の量が少ない人も虫歯になりやすいといいます。

しかも、自律神経の薬や高血圧の薬を飲んでいる人は、唾液の量が少なくなるので注意が必要です。

その他にも、先天的に唾液の力が弱いという人もいます。そんな人は、唾液の力を強くするといったことは無理なので、通常の人よりもさらに間食を減らすような努力が必要です。

ちなみに間食を減らすと、唾液による中和作用や再石灰化の時間が長くなることになります。

要するに、唾液の量や力をそれで補うという方法です。

虫歯はこうして進行する

長時間の飲食や間食・糖分の摂取

お酒をよく飲むという人は、ダラダラと長時間に渡って食事をする機会が多くなります。

また、間食の多い人も糖分を過剰に摂取しやすいので虫歯が進行しやすいといわれています。

そうした人は、虫歯菌に大好物の糖分というエサを与えているようなものです。

しかも虫歯菌が出す酸は、歯のミネラル成分を溶かしてしまうのです。

従って、お酒を飲みながら長時間食事をする人は、水やお茶で口の中をリフレッシュする必要があります。

一方、間食の多い人は間食を抑えるとか歯磨きの回数を増やすなどの努力が必要です。

虫歯の症状

虫歯の症状というのは、その進行度合いに応じてレベル1のC0からレベル5のC4まで、段階的に進行するようになっています。

例えば、レベル1のC0の場合、歯の表面のエナメル質が溶け始める段階なので、歯が白く濁った状態になったり歯の溝が茶色く変色します。

一方、レベル5のC4ともなると、歯茎から上の歯の部分がほとんど酸で溶けた状態になってしまっており、歯の根だけが残っているといった状況です。

この段階になると、歯を抜くしか処置の施しようがありません。

まとめ

虫歯に関するいろんな情報をご紹介してみました。

やはり、誰でも虫歯はイヤなものです。虫歯になると、大好きな食べ物を気軽に食べることすらできません。

従ってブラッシングを励行するなど、できることから虫歯予防に取り組んでみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もどうぞ → カンタン!今日から家でできる、虫歯予防の方法

Pocket