虫歯に関するギモン Q&Aコーナー

Pocket

正しい歯磨き方法については、意外と知っているようで知らなかったという人が多いといわれています。

ということは、間違った歯磨きの仕方を長年実践してきたということになります。

ちなみに歯磨きは、歯のプラークや細菌を除去する上ではとても大切なことです。とくに、朝と夜寝る前には歯磨きをするのがベストとされています。

そうしたことから、ここでは正しい歯磨き方法についてQ&A形式でご紹介させていただきます。

食べた直後の歯磨きはNG?

歯の表面のエナメル質を傷付ける恐れがある

食事の後というのは、口の中が酸性になっていて歯の表面を保護しているエナメル質が弱くなった状態にあります。

従って、そんな時に研磨剤の入った歯磨き粉でゴシゴシと歯を磨くと、歯の汚れを落とすどころか逆にエナメル質を傷付けてしまう恐れがあるのです。

食後30分間は歯磨きをしないほうがよい

食事をする際に唾液が出ますが、唾液の中和作用によってエナメル質が再び硬くなるまでには30分程の時間がかかるといわれています。

従って、食事をした直後というのはなるべく歯磨きを避けるほうがよいといえるでしょうね。

歯ブラシは濡らさない方がいい?

歯磨き粉で泡だらけになるため

歯ブラシを水で濡らしてから歯磨きをすると、口の中がよく泡立つので磨きやすいかもしれません。

ところが口の中が泡立ちすぎると、泡立った歯磨き粉が口の外にあふれ出てしまいます。

もちろんそうなると、すぐにうがいをして歯磨きを終えてしまいやすくなるのでNGなのです。

歯ブラシを濡らさないほうが効果がある

水を付けずに歯磨きをすると、口の中がパサパサして気持ちが悪いという人もいらっしゃるかもしれませんね。

ところが、こうしたパサパサの状態のほうが歯の隅々まで磨きやすくなるのです。

また歯磨きをした後、口の中を何度もゆすぎ過ぎてしまうと、歯磨き粉に含まれたフッ素などが洗い流されてしまう恐れがあります。

硬い歯ブラシは良くない?

歯と歯茎を傷付けてしまう

硬い歯ブラシで歯磨きをすると、歯を十分に磨いた達成感があるかもしれませんが、歯と歯茎を傷付けてしまうので逆効果なのです。

とくに長年硬い歯ブラシで歯磨きをしている人は、歯茎が薄くなってしまい歯の根元が露出しやすくなります。もちろんそうなると、知覚過敏や虫歯になりやすくなります。

歯ブラシの硬さは普通が理想

歯ブラシの硬さは、普通の硬さが最も理想とされています。

従って、硬すぎると歯茎を傷付けやすくなるし、逆に柔らかすぎると歯をしっかりと磨くことができません。

また、歯ブラシのヘッドは若干小さ目のほうが、歯の奥や歯の裏側までしっかりと磨くことができるのでお勧めです。

歯磨きする時間はどのくらいが適切?

朝と夜最低でも3分間

朝・昼・夜と1日3回歯磨きをしっかりとしている人もいらっしゃるかもしれませんが、朝と夜歯磨きを最低でも3分間するのが理想的です。

何故なら、就寝中に溜まったプラークを朝の歯磨きで落として口臭予防を行います。そして夜歯磨きをすることで、就寝中のプラークを抑えたり細菌の繁殖を予防することができます。

しかも、歯を全部磨くには最低でも3分間程度はかかってしまいます。

歯磨きの後はデンタルフロスがお勧め

歯磨きをしっかりしたとはいっても、歯と歯の間は歯ブラシが入りにくいのでそれだけでは十分なケアができません。

従って、デンタルフロスで歯と歯の間に溜まったプラークを除去すると効率のよい歯磨きができます。

ちなみに歯磨きに時間をかけたとはいっても、プラークの除去が十分にできていなければ意味がありません。

歯磨き粉の量は?

小豆程度で十分

歯磨き粉の中には研磨剤が含まれているので、歯磨き粉を沢山付け過ぎると逆に歯を削ってしまう恐れがあります。

もちろんそうなると、知覚過敏などの症状に悩まされるかもしれません。従って、あくまでも小豆程度の量の歯磨き粉で十分です。

それと、歯磨き後はゆすぎ過ぎないことも大切です。

歯磨き粉を付け過ぎると磨き残しやすい

歯磨き粉を歯ブラシに沢山付け過ぎて歯磨きをすると、エナメル質が傷付いて知覚過敏や虫歯になるリスクが高くなるだけではありません。

口の中が泡だらけになりやすいので、その分十分な歯磨きができなくなる可能性もあります。

もちろんそうなると、エナメル質を傷付けるというよりも磨き残し部分が多くなってしまいます。

まとめ

よくある誤った歯磨きの仕方や正しい歯磨きの仕方についてご紹介してみました。

今回ご自身の歯磨き方法が間違っていると気づいた方は、ぜひともこの機会に正しい歯磨き方法に変えるとよろしいかと思います。

こちらの記事もどうぞ → 虫歯予防の最前線

Pocket