歯医者で虫歯を予防する

Pocket

近頃では、歯医者さんに行くと予防歯科の重要性を説く歯医者さんが多くなりました。

ちなみにこの予防歯科とは、虫歯や歯周病を未然に防いで歯や口内を健康に保つことをいいます。

確かに、虫歯や歯周病などで歯が痛むという自覚症状が出た時には、すでに大がかりな歯の治療をしないといけない状態の時がほとんどです。

そこで予防歯科のポイントについてご紹介いたします。

ブラッシングを教えてもらう

ブラッシングの重要性

歯垢は、食べカスではなくて細菌のかたまりであるといいます。

この歯垢が、虫歯や歯周病の原因であるといわれています。しかも虫歯や歯周病だけでなく、心筋梗塞や糖尿病の原因になることもあるのです。

おまけに歯垢は、単なるうがいだけでは取れません。ブラッシングすることで取り除くことができるのです。

正しいブラッシング方法

近頃では、歯医者さんに行くと正しいブラッシング方法を指導してもらうことができます。

とくにブラッシングで重要なのは、力一杯にゴシゴシと歯の表面を磨くのではなくて、歯と歯の隙間や歯と歯茎の境目、それに奥歯のかみ合わせの部分を小刻みに磨くのがポイントです。

クリーニングしてもらう

PMTC

PMTCとは、歯医者さんが専用の機械で歯のクリーニングを行って虫歯や歯周病を予防するという方法です。しかも、タバコのヤニや茶渋など通常の歯磨きでは中々落としきれないような歯の汚れなども取り除くことができます。

歯石の除去

歯垢が唾液の中のカルシウムなどと結びついて硬い歯石になると、当然歯磨きでは取り除くことができません。

おまけに歯石は、歯周病の原因でもある細菌の住処なのです。従って歯石をそのまま放置していると、やがて歯周病で歯が抜け落ちてしまうことにもなるので注意が必要です。

フッ素塗布してもらう

フッ素塗布の効果

食事をする度に、歯のカルシウムやリンなどのミネラルが溶け出すのですが、唾液によって溶け出した成分が元に戻ります。

この脱灰と再石灰化のバランスが、崩れた時に初期虫歯というのが始まります。

ところがフッ素を塗布すると、再石灰化が促進されるので初期虫歯が治っていくのです。

フッ素塗布の回数

フッ素塗布の回数については、大よそ1年に2回〜4回程度の塗布で、20%〜40%の割合で虫歯に対する予防効果が得られるといいます。

またフッ素塗布の方法については、歯医者によっても若干の差がありますが、主に歯面塗布法・トレー法・イオン導入法などの塗布方法があります。

日本歯科医師会の参考サイト:フッ化物 – 歯とお口のことなら何でもわかる テーマパーク8020

細菌検査をしてもらう

歯周病治療には細菌検査が重要

歯周病は、老化によって引き起こされる病気ではありません。

歯周病の原因となる細菌がいるから発症するのです。従って、歯周病を治療する上では細菌がいるかどうか、細菌がいればどのくらいいるかといった細菌検査をまず行う必要があります。

細菌検査の流れ

歯周病の原因となる細菌の中でもスピロヘータ菌は、強い毒素を出して歯を溶かしてしまいます。

この菌がいると、何度歯周病の治療を行っても再発してしまうといいます。

従って、まずは患者さんの歯垢を採取して顕微鏡で細菌の種類や動きを観察したり、パソコンに連結して細菌の検査を行います。ただし、歯医者さんによって細菌検査も若干異なります。

歯周病の予防と治療については、やはり厚生労働省のサイトがとても詳しく役に立ちます。
参考:歯周病の予防と治療 | e-ヘルスネット 情報提供 – 厚生労働省

その他、シーラントなど

シーラント

子供の頃に歯が永久歯に生え変わった際、虫歯から守ってくれるのがシーラントです。

ちなみにシーラントとは、歯を削らずに歯の溝にプラスチックを埋め込んで歯をコーティングする予防歯科治療の一種になります。

しかも保険治療で行えるので、永久歯に生え変わった直後の子供さんにはおススメです。

3DS(除菌治療)

3DSとは、Dental Drug Delivery Systemの略称で、虫歯や歯周病の予防効果を高める除菌治療の一種になります。

具体的には、薬剤を注入したマウスピースを装着することで、虫歯菌や歯周病菌を除菌したり、歯垢の定着を抑えるといった最新の治療方法になります。

まとめ

予防歯科の具体的な治療方法についてご紹介してみました。

とりわけ重要なのは、例え虫歯の治療を行ったとしてもその後、治療を繰り返すうちに歯は抜け落ちてしまいます。

やはり、歯が痛くなる前に通院するという予防歯科というのは大切ですね。

最後に余談ですが…私の実家は仙台なのですが、親が仙台でとても良い予防歯科に行っています。そのおかげで、60代でも驚くほど虫歯や入れ歯が少ないんです。
もし読者の方で仙台にお住まいの方がいましたら、仙台の歯科はここがおすすめです。

Pocket